◆◇◆ 薬箱手帖 ◆ 稲村光男抒情画工房 ◆◇◆

アクセスカウンタ

zoom RSS トクマルシューゴ - Rum Hee

<<   作成日時 : 2009/07/11 13:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0




あまり流行の新しい音楽を追いかけたりしていないわが家ですが、最近はトクマルシューゴの作品にちょっと注目しています。

Syugo Tokumaru


2004年に1stアルバム「Night PieceShugo Tokumaru NIGHT PIECE」を米NYのインディレーベルMusic Relatedよりリリースして、日本語歌詞であるにも関わらず各国のメディアから絶賛。以後、各国のアニエス・ベーの店舗にて試聴機展開してRolling Stone誌などで賞賛されたという2ndアルバム「L.S.T.」、全CRJチャートで一位を獲得した3rdアルバム「EXIT」と、3枚のアルバムを発表している彼の作品は、優しげでポップでおしゃれなイメージだけでなく、演奏やサウンドも相当しっかりしていて、音楽的にもかなりの奥行きがあって良さそうです。


Night Piece

L.S.T.

EXIT




調べてみるとこの他に、eastern youth主宰のライヴ・イベント「極東最前線」に参加してコンピレーションにも楽曲が収録されたり、林静一の名作漫画をあがた森魚があまりにも濃い歌謡にしてしまった迷曲「赤色エレジー」を12組のアーティストがひたすらカバーしまくるというとんでもなく濃すぎる企画アルバムに参加してたり、ごく最近ではシガー・ロスのバックで弦楽器を弾いていることでも知られるアイスランドのファンシーな女性4人組amiinaと共演したりと、多彩な方面で面白い活動をしているみたいで、なかなか楽しそう。


極東最前線2
極東最前線2

赤色エレジーマニア
赤色エレジーマニア




2009年4月には、ミニアルバム「RUM HEE」をリリース。

Rum Hee(DVD付)


これは余談ですが、ライブを見た方からぼくのことを彼にそっくり、ということを何度か聞かされていて、今回この「RUM HEE」のビデオ・クリップを見て自分でもちょっと驚きました。



顔が似ている訳でもなんでもないのですが、撫で肩で猫背気味のこのたたずまいは、ちょっと他人という気がしない。


そんなこともあって、ますます気になるアーティストなのでした。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
トクマルシューゴ - Rum Hee ◆◇◆ 薬箱手帖 ◆ 稲村光男抒情画工房 ◆◇◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる