シルクスクリーン・プリント・ワークショップで作った三月ウサギTシャツ





3月27・28日、東京を中心に活動する頭文字「S」の3つのデザイン・ウェア・ブランドによる展示会"S-Rooms"の2回目にあたって、以前もご紹介させていただいたsmall designのTシャツ・ワークショップが開催されるというので、今回も参加させていただきました。


前日までプリントしてみたい図案をあれこれ考えてみたのですが、なかなかいいアイデアが浮かばなかったので、とりあえず最近描いた絵の中から、「アリス・マトリョーシカ」の一部に描いた三月ウサギの画像を取り出してみました。


アリス・マトリョーシカに描いた三月ウサギ


この画像を、レベル補正してコントラストを上げてからモノクロ二階調化したものを版下に。


三月ウサギTシャツ版下



もともとシルクスクリーン・プリントを前提に描いた図案ではないので、ハーフトーンは細かなドットになり、実際に刷ってみるまでどの程度キレイに出るかはまったくわかりません。

この版下を木枠に張ったスクリーンに感光させ、薬剤を洗浄してできあがった版をTシャツにあてて、いよいよインクをのせて刷っていきます。


Tシャツのスクリーン版をあててプリント



三月ウサギがプリントされたTシャツ



プリントの具合を見てみると、思いのほかいい感じです。

そして今回のイベントでは特別に、あらかじめご用意していただいた版をオプションでプリントしていただけるとのことだったので、以前からおしゃれだなあと思っていたsmall designの既製品「蝶ネクタイ」の版をリクエストしてみました。

small design「蝶ネクタイ」Tシャツ
http://www.smalldesign.jp/product/155
http://www.smalldesign.jp/product/134


蝶ネクタイのスクリーン版をTシャツにあててみる



あえて一部が首リブ部分にかかるようにプリントしてみたいという希望を申し出たところ、その段差部分をうまく刷るには熟練していないと不安。というわけでここはワークショップの講師であるsmall designのキクタケさんにお願いすることに。


蝶ネクタイ部分をTシャツにプリント



三月ウサギのイラストだけではちょっと面白くないかも、と思っていたTシャツが、蝶ネクタイとのコラボレーションでずっとステキな作品になりました。


三月ウサギと蝶ネクタイがプリントされたTシャツ



最後に、ドライヤーでよく乾燥させて完成。


シルクスクリーン・プリントしたTシャツをドライヤーで乾燥



着用してみるとこんな感じです。お気に入りのTシャツができあがりました。





プーペガールにも投稿してみました。


参加ご希望の方を募って吉祥寺の自宅アトリエにて毎週土日に開催されているというsmall designの手づくりTシャツワークショップは、ちょうど今回で最終号となるという3/27発売の雑誌「デザインの現場」2010年 4月号のワークショップ/スクール紹介のページでも取り上げられています。


デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]


今回のワークショップでは、あらかじめ計算して作りあげる商品とはまた別の、手づくりならではのおもしろさを体験させていただきました。

みなさんも、この夏に向けて自分だけのオリジナル・デザインのTシャツ作りを試みられてはいかがでしょうか?












[あとで読む] 


この記事へのトラックバック