「小品展」 国立 ART IMAGINE 出品のおしらせ

2010年7月1日~7月6日、国立のギャラリーART IMAGINEで催される「小品展」という企画にお誘いをいただいて、出品することになりました。 【小品展 ~生活の中にアートを~】 ■会期/2010年7月1日~7月6日      12:00~19:00(最終日は16:00まで) ■会場/アートイマジンギャラリー(国立市東1-15-33 ヒ…

続きを読む

アリス チェスタートン 柳田國男

また「アリス」の絵を描いてみよう。 そう思って、参考にと昔の「別冊 現代詩手帖」ルイス・キャロル特集号を書棚から出してきたら、ギルバート・キース・チェスタートンの評論「ノンセンスの擁護」に読み耽ってしまい、絵はちっとも進まなくなってしまいました。 「別冊 現代詩手帖」ルイス・キャロル特集号は、1970年代の「不思議の国のアリス」再評価のムーブメントの中心と…

続きを読む

不思議の国の甲賀三郎と春日姫 - 諏訪大社の御柱祭によせて

2010年、平成22年は数えで7年目ごとに行われるという諏訪大社の式年造営御柱大祭の年。 諏訪大社下社 春宮, 長野県下諏訪町 日本三大奇祭の筆頭に上げられるこの勇壮なお祭りは、4月には上社山出し~下社山出し、5月のはじめに上社里曳き、5月7日には下社宝殿遷座祭が営まれ、今日5月8日からは下社里曳きがはじまり、今回も痛ましい事故で幾人かの死傷者を出しながらも、大き…

続きを読む

ALICE DROPS の アリス玉子

2010年4月7日から19日まで、大阪市北区中崎町にある三つのお店「jam pod」「one plus 1 gallery」「乙女屋」による雑貨とイラストの合同イベント「ALICE DROPS」が開催されています。 以前から乙女屋さんに人形や小物をお取り扱いいただいてお世話になっている葉子の万年少女人形館も、写真の「アリス玉子」を出品。 おどろいたことにこの「…

続きを読む

アリスの時間 - トレヴァー・ブラウン&山吉由利子展に寄せて

人形作家の山吉由利子先生とイラストレーターのトレヴァー・ブラウン氏とコラボレーション展示が企画されているということはだいぶ前から耳にして、ずっと楽しみにしていたのですが、その二人展のテーマが「アリスの時間」であるということを知ったのは、わりと最近のことでした。 「2010年のアリス・イン・ワンダーランド」で書いたように、今年は「アリスの年」になるだろうと予想はしていましたが、尊敬す…

続きを読む

Complete Alice - 「少女アリス」の最終復刻に寄せて

「復刊ドットコム」でリクエストに一票を投じていた写真集、沢渡朔の「少女アリス」は、続編の「海から来た少女」とあわせて「完全版アリス」として数年前に限定復刻されていましたが間もなくまた完売となってしまい、このたび「最終復刊」との触れ込みで部数限定重版のおしらせが届き、河出書房新社より発売されました。 完全版 アリス Complete Alice 1970…

続きを読む

3つめのマトリョーシカ

ほんの一部ですが、クローズアップした画像を掲載しておきます。 お察しの良い方はお気づきかと思いますが、ぼくのこの3つめのマトリョーシカ、モチーフはルイス・キャロルの「不思議の國のアリス」「鏡の國のアリス」です。 5個組のマトリョーシカの全体の写真はまた別の機会に。 2月17日から22日まで、吉祥寺の"gallery re:tai…

続きを読む

新潮文庫のアリスと金子國義先生のこと

いま全国の書店で容易に入手できる新潮文庫版の矢川澄子訳 「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の挿画は金子國義が手がけたもので、その装丁を眺めていて久しぶりに金子先生のことを思い出しました。 矢川澄子訳 「不思議の国のアリス」 (新潮文庫) 挿絵:金子國義 もう10年かそれ以上前のことで、おそらく先生ご本人のご記憶にも残ってはいないかもしれませんが、ご縁があって…

続きを読む

薩摩の国のアリスたち ~ルイス・キャロルと島津斉彬の少女写真

「不思議の国のアリス」の作者としておなじみのルイス・キャロルこと、チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンといえば、その文学の仕事と並んで、黎明期の写真芸術史を彩る数々の作品を残していることで知られています。 写真家ルイス・キャロル (写真叢書) ヴィクトリア朝のアリスたち―ルイス・キャロル写真集 なかでも、「アリス」の物語のモデルとなった実在のアリス・リデル…

続きを読む

2010年のアリス・イン・ワンダーランド

むかし、「不思議の国のアリス」の画を、好んで描いていたことがあります。 1997年、小説家の速瀬れいさんが主宰していた文芸誌「Ripple」に掲載した上のイラストは、ジェファーソン・エアプレイン1967年のアルバム「シュールレアリスティック・ピロー」に収められたサイケデリック・チューン「ホワイト・ラビット」の挿絵として描いた中の1枚。 Surreali…

続きを読む