「ベニスに死す」の美少年ビョルン・アンドレセンと大島弓子「F式蘭丸」




日本無罪-パール判事トリビュートTシャツ バック・プリント



日本無罪~パール判事トリビュートTシャツ」のバック・プリントになった上のイラストレーション、構図はあえて意識してアルフォンス・ミュシャの作品やそれを模倣した日本の世紀末アールヌーボー、藤島武二描く文芸誌「明星」の挿絵などから流用してみたということは「アルフォンス・マリア・ミュシャと『日本無罪』の系譜」の頁でも書きました。

けれどその他にも、下絵を描いている時から、この絵は何かに、もしくは誰かに似ているような気がしていたのです。

この絵の少女が手にしているのは、パール判事の判決文の有名な結語部分

時が熱狂と偏見をやわらげた暁には
また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には
その時こそ正義の女神はその秤を平衡に保ちながら
過去の賞罰の多くにそのところを変えることを要求するであろう

ラダビノード・パール「反対意見書」




フロントのプリントには、秤を手にした正義の女神ユスティティア(Justitia)を描きましたが、こちらはこの言葉を、そしてほんとうの歴史を学ぶべき年頃の少女にしてみたい。そう思って女学生風にセーラー服をコーディネイトしてみました。

「やっぱり、この絵は誰かに似てるような気がするなあ」
「誰かな?…ああ、『ベニスに死す』の男の子に似てるんじゃない?」

なるほど、そう言われてはじめてルキノ・ヴィスコンティ監督の名画「ベニスに死す」の美少年タジオ役を演じたビョルン・アンドレセンが、ちょうどこんなセーラー・カラーに身を包んでいたシーンが思い浮かびました。






日本無罪-パール判事トリビュート・Tシャツの少女 「ベニスに死す」の美少年タジオ役ビョルン・アンドレセン



この少年は確かに絵的にあまりにも美しくて、さすがに巨匠ヴィスコンティの美意識をよく表した典型的なイメージを形作っています。

ただし北欧系の美少年趣味など特別に持ち合わせているわけでもないぼくが思い当たったのは、この映画そのものよりもむしろ、かつて直接的にものすごく影響を受けてしまった大島弓子の漫画作品だったのです。


大島弓子「F式蘭丸」



「フィレンツェのダビデ
おけしょうしないデビッド・ボウイ
モロー描くオーフェース
ベニスに死すのアンドレセン
みんなたして四で割る
森蘭丸とは彼のこと!!」

大島弓子「F式蘭丸」




「空想上の少年を抹殺する話」として構想されたという大島弓子の作品「F式蘭丸(フロイトしきらんまる)」では、主人公の少女が妄想した理想の恋人の美少年「森蘭丸」像を、彼女の口からこう説明させています。





大島弓子の世界観はもちろん、ぼくは子供の頃からそのかわいらしい絵が大好きでした。

そして学生の頃から20代前半にかけて、デビッド・ボウイの1970年代前半のロマンティックな作品群、「ハンキー・ドリー」「スペース・オディティ」「世界を売った男」、そして「ジギー・スターダスト」といったレコードを聴きながら、昼夜を問わずいつまでも繰り返し彼女の作品を読みふけっていた日々が続いたこともあって、萩尾望都や山岸凉子よりもずっとずっと、圧倒的に影響を受けてしまっているのです。


たとえばフリーペーパー文化誌「献血劇場」の表紙の女の子の絵などをご覧になった大島弓子ファンの方には、そのことはきっと一目瞭然だと思いますが、少女のイメージだけではなく、いまだに彼女の美少年像がぼくの無意識の中にしっかりと根を下ろしてしまっていることを、今回あらためて思い知らされてしまいました。

最近では小泉今日子主演で映画にもなったエッセイ漫画「グーグーだって猫である」で第12回手塚治虫文化賞短編賞を受賞されたとのことですが、ぼくにはいまだに先代の飼い猫「サバ」との同棲生活を描いた数々の作品の方に異常な愛着があるのです。

サバの夏が来た (白泉社文庫)サバの秋の夜長 (白泉社文庫)


1990年代、すっかり寡作になってあまり女の子の絵を描かなくなってしまったけれど、ふてぶてしくもデビッド・ボウイそのままのルックスで美少年に擬人化された猫と暮らす大島弓子の私生活漫画にあこがれて、わざわざ彼女が棲む吉祥寺・井の頭公園そばのマンションをつきとめに行ったことさえありました。


ぼくはそれほどの単なる1ファンなので、いまも武蔵野のどこかで大島弓子さんが猫たちと日々暮らしている、ただそれだけでうれしい。

そしてかつての作品に描かれた、あまりにも切羽詰まった狂気すれすれの詩的な感受性と、すばらしい絵の世界は、これからもときどきフラッシュバックのようにぼくを襲ってくれるような気がしています。


大島弓子が選んだ大島弓子選集2 綿の国星 上 (MFコミックス)大島弓子が選んだ大島弓子選集 3 (MFコミックス)大島弓子が選んだ大島弓子選集 4 (MFコミックス)
大島弓子が選んだ大島弓子選集 5 ダリアの帯 (MFコミックス)大島弓子が選んだ大島弓子選集 6 秋日子かく語りき (MFコミックス)大島弓子が選んだ大島弓子選集7 ロストハウス (MFコミックス)











この記事へのトラックバック